カミソリで肌の負担を減らして安全にムダ毛をケアする方法

脱毛・ムダ毛

身体のムダ毛については冬は気にならずとも、衣替えの季節になると意識するようになります。

以前は、ムダ毛の処理にはカミソリでの剃毛や、毛抜きを使うものでしたが、これらの方法はできれば避けたほうがいいでしょう。

カミソリには大きなリスクが・・・

ムダ毛をカミソリで剃ると、肌の表層までカミソリの刃で傷つけてしまうので、気をつけましょう。

肌を外気からガードする役目を角質層は担っていますが、カミソリでムダ毛の処理をしていると角質層の防御力が低下して、肌の乾燥が進みます。

また、肌に刺激が加わるため、メラニンの生成が促されて黒ずみができます。

毛抜きも注意

毛抜きは、カミソリ以上に肌に負担をかけることがあります。

無理をして毛を引き抜くと、毛細血管に傷をつけてしまいかねません。

不用意に傷がつくと、そこから肌に雑菌が入り込んで、肌が赤く腫れたり、膿む原因にもなります。

ムダ毛を処理するためにカミソリや毛抜きを使う人は、肌を傷めないようにケアの方法も気を配りましょう。

あとのケアもとっても大切

ムダ毛を除去した後の肌が荒れたり、乾燥することがないように、保湿ローションやクリームをつけましょう。

汚れたカミソリで処理をすると肌荒れを引き起こしますので、使うカミソリはできるだけ新しくきれいなものにします。

まずはケアをする部位にローションなどを塗って肌を保護してから、一気にムダ毛を剃ります。

カミソリや毛抜きでむだ毛を取り除いた後の肌は、乾燥や腫れに弱くなっていますので、仕上げのケアにローションなどは大事です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました