スキンケア用品のサンプルをメーカーが配布する理由

スキンケア

サンプルの目的は宣伝だけじゃない?

サンプル商品を用意しているスキンケア用品を目にすることは多いと思います。

その目的として、1つはもちろん「宣伝」があります。

しかしそれだけではありません。

メーカーにとって、スキンケア用品のサンプルは、商品自体を宣伝する目的のほか、消費者の関心の強い商品を知るためにも使われています。

サンプル=販売戦略の一つ

スキンケアのサンプルは、化粧品を購入した時に貰えるおまけと考えている方もいらっしゃると思いますが、必ずしもそうとは言えません。

今後の販売戦略を構築するためのベースとして、サンプル品をつくっている化粧品メーカーは少なくありません。

どんな客層がこのスキンケア用品に興味を持っているかや、新商品の手応えはどのようなものかを知りたい時に活用されています。

どの世代の人が、その化粧品を好むか

化粧品メーカーにとって、どんな年代の人達がサンプルに興味を持ち、使ってみようと思うのかが、重要な手がかりになります。

顧客層がどんな問題意識を持っていて、どのサンプル品を多く欲しいと思うかがわかれば、これから新規の商品をつくる時も参考になります。

また、サンプルを使用してもらいアンケートに答えて貰う事で、より精密なデータを集めることもできるのです。

同時に、サンプルを配ってデータを収集することで、顧客がどんな点にネックを感じているかを認識しやすくなります。

肌トラブルが起きてしまった、肌へのつけ心地がよくなかったなどの評価も、サンプルを通じて知ることができます。

サンプルのおかげでより良いものが生まれる

化粧品を開発する時には、プラスの評価だけでなく、アレルギー症状が現れたかや、香りが強すぎた、肌の伸びが悪かったなどの評価も必要としています。サンプル品を配布することで、どんなスキンケア用品が求められているのかを知るきっかけが得られるわけです。

裏を返せば、私たちが積極的にサンプルを使うほど、より良い商品が生まれてくるのです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました