紫外線を正しく知って対策しよう

紫外線・日焼け対策

まず何よりも、「いつ」対策すべきなのかを知ることが欠かせません。

紫外線対策の重要性が高い季節とは、1年の中でどの辺りなのかご存知ですか?

夏だけじゃない紫外線

5月から9月にかけてが地表に降り注ぐ紫外線が強くなると言われていますが、真冬と比較すれば4月頃から紫外線は少しずつ強くなり始めているものです。

つまり紫外線が本格的に多いのは、夏だけではないということです。

ちょっとでも紫外線を浴びると肌の調子が悪くなる人もいますので、程度に合わせた対応が必要になりますね。

紫外線は“どう”影響するものなの?

どのような紫外線対策をすべきか考える時には、紫外線がそのまま皮膚に到達するとどうなるかを知っておくことが大事です。

近年では、紫外線による皮膚の日焼けは、肌にとってよくないものであるという情報が広がっています。

1番有名なものとして、「日焼けをすると肌は黒くなる」というもの。

紫外線が皮膚にもたらす作用は、日焼けだけではありません。

皮膚がんにかかりやすくなることも、紫外線の照射と関係が強いと言われています。

紫外線が皮膚の深い部分にまで到達すると、肌細胞がダメージを受けるからです。

そのせいで、紫外線を避けることが肌を大事にすることに直結すると言われています。

必ずしも悪ではない?

しかし、少しくらいの負担なら、何日かすると徐々に以前の状態に戻りますので、多少ならばダメージを受けても問題ありません。

もちろん、一度に強烈な紫外線を浴びていると、肌が治る前に次のダメージを負うことになってしまいます。

これが皮膚がんなどの原因になります。一度に大量の紫外線を浴びないように日頃から気をつけましょう。

紫外線が肌に到達しすぎないように配慮することで、きれいな肌を維持することが可能です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました