紫外線を防止するメリットとデメリットについて

紫外線・日焼け対策

「白い肌を守りたい」、「シミを作りたくない」、「皮膚がん」が怖い…

最近は、紫外線をできるだけ皮膚に浴びないようにする人が多いようです。

でも、紫外線を浴びることは本当に悪いことばかりなのでしょうか。

実は紫外線は必要なものでもある?

紫外線は、ある程度であれば人間の体に必要なものを生成する要因になります。

それだけでなく、布団に入り込んでいる外害虫や、雑菌などは、紫外線を受けて殺菌することで、きれいな状態になります。

晴れた日は布団を干してよく紫外線にさらすことで殺菌効果を得ることができて、気持ちよく眠ることができます。

強烈な紫外線の影響で目や肌によくない影響が現れることはありますが、少量の紫外線なら体を維持する役に立つ存在となります。

まだまだある、紫外線のメリット

新陳代謝のアップや、血液の流れがスムーズになる効果や、免疫力の改善効果が、太陽光から得られます。

人間の体は、太陽の光を浴びることで体内リズムを整えていますので、脳内物質の分泌にも効果的です。

身体によい影響を与える面もありますので、紫外線は一から十まで体によくないと断定するわけにもいきません。

そもそもどういう仕組みで紫外線が役に立つの?

人の体を保つには、ビタミンDという成分の存在が無視できません。

体内に効率的にカルシウムを取り入れ、骨の材料を確保するには、ビタミンDという成分が必要なのです。

そしてこのビタミンDを作るのが、紫外線なのです。とってもとっても大事ですね!

浴びすぎず、浴びなさすぎず、バランスが大事

ここまで、紫外線を浴びることのメリットをたくさん紹介してきました。

みなさんはどれくらい紫外線について知っていましたか?

紫外線に対して神経質になる必要はありませんが、もちろん浴びすぎてしまうと、世間一般に言われるデメリットに繋がりかねません。

強い日差しの下で長時間活動することがないようにしましょう。

一定量の紫外線までなら体にむしろ必要なものであることを理解した上で紫外線対策を講じましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました