日焼け止め+αの紫外線対策

紫外線・日焼け対策

女子にとって、紫外線ほど怖いものはありません。笑

今日はそんな紫外線と、どう戦うかのお話です。

王道、日焼け止めクリーム

紫外線対策として日焼け止めクリームを塗る方法がありますが、身体の内部からケアをするという手法もあります。

まずは、日焼け予防の基本、日焼け止めクリームを肌に塗るという方法からみていきます。

日焼け止めクリームの注意点として、時間の経過や発汗に伴ってクリームが剥がれてしまうので、塗り直しが必要になります。

強い日焼け止めクリームほど効果は長く続きますが、しかしその分肌へのダメージになりますので、注意が必要です。

ですから、家の外で行動する日と、家からあまり出ない日とでは、それぞれ別の日焼け止めクリームを使うといいようです。

また特に、海水浴に行く時などは、水に濡れても落ちないタイプの日焼け止めクリームを用意したほうがいいでしょう。

身体の内側から紫外線対策

紫外線対策としては、身体の内部からのケアしておくことで効果がより高まります。

メラニン色素の生成を阻害する成分としてビタミンCが人気があります。

日焼けは、紫外線を肌に浴びた時に肌がメラニン色素を生成して紫外線を遮ろうとすることが原因で起こるものです。

ですので、ビタミンCは日焼け止めとしての効果が得られるということになります。

そしてありがたいことに、ビタミンCは私たちの身の回りに溢れています。

例えばビタミンCは果物や野菜など身近な食材に多く含まれています。

ただし、ビタミンCは水溶性なのでとりだめがきかず、摂りすぎると尿や汗になって排出されます。

日焼けから肌を守るには、ビタミンCを含むものを日々摂取するよう心がけましょう。

日焼け対策のためにビタミンCを取り入れたいなら、食事からではなく、ビタミンCのサプリメントを活用するという選択肢もあるでしょう。

自分に合った摂取方法で、日焼け対策をしていきたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました