肌荒れが酷い人のための日焼け対策

紫外線・日焼け対策

晴れの日だけじゃない

曇りの日でも雨の日でも紫外線は地上に届いており、屋内であっても窓ガラス越しに紫外線が入ってきています。

日焼け対策として、日焼け止めの使用することは外出をするしないに限らず、有効になります。

紫外線からお肌をガードするには、天気が良くない日でも、雪の降る季節でも、日焼け止めをつけることがオススメです。

肌が弱い人もいる

しかし肌が乾燥しやすく、日焼け止めを使うと肌荒れが起きるという人もいるかと思います。

紫外線から肌を守りたいけれど、肌が荒れやすいという人が日焼け予防をするにはどうするべきか…

それは体質を改善して紫外線予防効果を高めるという方法です。

例えば、飲みもので紫外線予防をするという方法があります。

飲む日焼け止め

日焼け止めの刺激に肌が負けやすいという人は、飲む日焼け止めが有効です。

日焼け止めを落とすときのクレンジングも肌に負担をかけますが、飲む日焼け止めならクレンジングによる肌の負担も軽減できます。

日焼け止めクリームは、肌を不自然に白くするという弱点がありますが、飲むタイプなら安心して使用できます。

そして目を紫外線から守るためにも、飲むタイプは意味があります。

肌が紫外線の影響で日焼けする理由は、紫外線による働きかけでメラニン色素が多くなるからです。

紫外線を浴びてもメラニン色素が多く生成されないようにしておくためにも、飲む日焼け止めを上手に使っていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました